« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

エアレース 流行るかも知れない 

見ててビックリ 最速タイムアタックです

 
 巨大なパイロンを飛行機でアクロバットで潜り抜けてタイムを競う

 レースです テレビゲームの世界では、タイムアタックは

 熱くなる競技なのですが 

 実際にやるとなると危険が伴い 危ないスポーツです

 飛行機となると夢のまた夢の競技になりますね

 飛行環境とお金とテクニックが必要になりますから夢ですね

 今 レースに参加しているパイロットの平均年齢が45歳くらいです

 飛行テクニックが20代 30代は、まだまだらしく駄目らしいです

 熟年の世代の夢のレースですね いずれ若い選手も出てくるの

 でしょうが 最近始まった スポーツなので競技人口も少ないので

 あと10年後には、すごい大会になると思います

 エアレースは、私の期待のスポーツに認定します 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

世界柔道2007 開幕


世界の柔道と日本の柔道は、違います!   


  井上康生選手 100キロ超級 鈴木桂二選手 100キロ級 
 
  残念な結果になりました 判定が曖昧で納得がいきません 

  
決まり手は、なんて技なのか知りたいです  

  

悔やむ事は、無い世界は、柔道を理解してないから 

 
最初に技をかけて 倒したのにそのあとの技の方が効果的に  
 
 
取られて負けた二人 審判は、柔道の技を知ってるのだろうか?
  
 足技が多彩な鈴木選手は、小外刈りと小外掛けなどの技が

 得意なのですが 世界でその技を知ってる人は、どのくらい

 いるのでしょうか あきらかに審判は、知らなかったと思います

 綺麗に倒してるのにそのあとに技の勢いで倒れただけの

 関係ない所を有効的に取ってしまう おかしいよ
 
 世界大会でのサッカーにしても野球にしても どんなに

 アウェーでも1点入れば 1点なのに柔道では

 技が決まっても 1本には、ならない なぜなら

 世界は、柔道を理解してないし 指導してないからです

 柔道の基本は 柔よく剛を制すです

 その理念が世界に浸透してるとは 思えません

 立ち関節からの強引な投げや掛け逃げからの関節技

 カウンター狙いの裏投げ(力技)タックルに似たもろて刈り

 柔術やサンボの流れから来てると思いますが

 こんな試合で柔道の試合なんてできる訳が無いですよ 

 福岡国際の試合を見てた方が世界柔道だと思います

 早急に柔道の指導者を世界に送った方が良いと思います

 せっかくのオリンピック競技なのにいつからか柔道じゃあ

 なくなって来てます 待てとか一本も英語になる日も

 近いんじゃないのかな 

 世界に柔道を教えよう 無くなってしまう前に

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本の明るい未来の王子たち

スポーツの世界に降りてきた王子 1 

 

 ハンカチ王子ハニカミ王子・・・・他すし王子 
  

  二人の王子に共通する所は、誠実で嘘が無い所です
   
  どんなときも全力を尽くす だから彼らが言う発言からは

  嘘が生まれてこない 嘘が多い世の中(オレオレ詐欺とか)で

  この二人の王子は、王子と呼ぶに相応しい人物だと思います

  ハニカミ王子こと 石川 遼 君は、まだ高校1年生ですが

  実力は、これから伸びていく所なのですが 

  ダイナミックなドライバーは、今の段階でも目を引くものが

  有りますが 一番良い所は、いろんな舞台にたっても

  自分のスタイルを崩さない所が良いですね これからも

  自分のゴルフのスタイルを貫きとうして欲しいです

  自分のスタイルを持ってる選手は、そうそう居ないと思うので

  頑張って欲しいと思うこの頃です! 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世界陸上2007 ありがとう!



  感動をありがとうございました 


 
本物のアスリートが集まる大会は、見てて素晴らしいです 

  織田裕二さん 中井美穂さんも応援する気持ちを伝えてくれて

  ありがとう 世界は、一つ頑張ってる人は、みんな仲間です!

気持ちが一つカッコ良かった

 400mリレー 38.08 アジア新記録でも5位でしたが
 最高の走りでした 世界に真っ向勝負 恐れることは、
 なかったですね 感動をありがとうございます

最後の粘り 素晴らしかった

 土佐礼子選手 日本にメダルをありがとうございました
 メダルの色は、銅でしたが日本にとっては、金でした
 諦めない気持ちをありがとうございました

 今の日本に必要な気持ちを気持ちで教えてもらえたと
 
 私は、思いました 一つになる気持ち 諦めない気持ち

 スポーツて良いですね 素直になれる気持ちの勝負

 だから終わったあとには、良い気持ちになれました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界のアスリートたち2 世界陸上を見て 

 今週は スポーツ界は、世界陸上でしたね 

 私だけでしょうか? 日本人選手は、残念でした

 世界と戦えると自信が有り過ぎたのだと思います 

 日本の陸上人口と世界の陸上人口では、

 世界の方が競争が激しく 数ミリの差で戦ってきてるのだと

 思います ちょっとでも戦えたとしても 世界は、次から次えと

 すごい選手が出てきます そんなことを分かってた日本人選手は

 ハンマー投げの室伏さんと100mの朝原さんだけでした

 あきらかに世界を見てる投擲でした 6位でしたがいい試合でした

 100mの朝原さんは、35歳まで10秒前半で走れる脚力を維持

 してきたのは、立派です そんな朝原さんもレースの最後に涙を

 流してました 深い涙でした いろんな思いもあるのでしょうが

 世界と戦ってきた人の深い涙に見えました いいレースでした 

 素晴らしき ランナー タイソン・ゲイ 

 ゲイの大会情報こちらです

 今回の世界陸上の最高アスリートは 100mのタイソン・ゲイでしょう

 100m世界最速タイムを持つライバル アサファ・パウエルとの

 一騎打ち壮絶でした 100mのゲイの最後の伸びは

 ディープインパクトを思い起こさせるような伸びでした 

 今は、200mも制覇して あとは、リレーだけですが

 タイソン・ゲイなら3冠狙えると思います のこり2日間ですが

 世界のアスリートを応援しましょう!

 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »