« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

北京五輪 400mリレー 朝原さんありがとう!

日本短距離に価値のある銅メダルです  

 
 

  
  予選でアメリカなどのバトンミスで失格するチームがありましたが

  こんな奇跡が起こるのも日ごろの努力の結果だと思います

  朝原選手は、4大会連続のオリンピックで世界の厳しさを

  知り尽くしてる選手だと思います

  だだ技術の向上だけで勝てる場所でもなく

  気持ちだけでも勝てる場所でもありません。

  それでも諦めることなく努力をした人には、奇跡が起こるのだと

  感じます あきらかに朝原選手は、努力の人です

  アジアで短距離は、無理と言う時代から走り続けて少しづつ

  短距離も日本でメジャーになってあとは、結果が欲しいだけでした

  今回のリレーで扉を開くことができました

  この大会を見てくれた次の世代の子供たちが感動してくれたなら

  このリレーのメダルも金メダルに近い価値のある銅メダルに

  なると感じます。

  奇跡とは、努力の証なので、簡単なことでは、起こりません!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック 柔道を振り返ってみる


 
全体重別の柔道も終わり思うこと  

  
  柔道を分かってる国と分かってない国があるんだなと感じました

  しかも最近の日本人も柔道を分かってない人が増えてきてるんの

  に驚きました(選手じゃない) 

  組む前の差し手争いは、良いのですが全く組まない

  他国の選手を見ると何をしてるのだろうと思います

  釣り手と引き手も持たずに柔道は、成立しませんよ

  もろて刈り=タックルばかりの柔道ならアマレスの競技に変えれば

  良いのになと考えます。

  体重別では、良い柔道をする選手も居ましたが今の世界の柔道

  では上位に行けないのが現状です。

  日本男子のメダル獲得数が過去最低らしいのですが

  当たり前だと思います もう日本の柔道の形を留めてないですし

  ルールを決めてる人が柔道を分かってない国の人だし

  このままルールが変ってくると歴史も競技も変ってくるのでは

  国際ルールて何なんだと悲しくなってきます!

  日本のアナウンサーや評論家の人たちは、パワーについて

  言ってましたが そんなんじゃないと思います

  日本人選手は、最初から最後まで柔道をして勝たなければ

  いけないのです 差し手争いから組んで投げるこの一連の動作

  をして勝たなければ柔道じゃないと考えてるのです

  日本の選手がもろて刈りをしたら変だと思いませんかね?

  何の為に柔道着を着て柔道をしてるのだろうか考えてください

  そこには、柔道の本当の意味があると思いますので。 


    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京オリンピック 陸上100m決勝! 

 ボルト選手圧倒的な強さで制す!  

 
 過去のオリンピックの陸上の100mの決勝を思い出してみても

  こんなに圧倒的な走りで100mを制した選手は、居ないと思います

  しかも9秒69の世界新での勝利考えられません。

  終わり30mくらい流しての世界新なんて、人間の限界を超越した

  選手ですね もとは、200m 400mの選手と言うのもビックリです

  ボルト選手は、見逃せないアスリートになりました。

  アサファ・パウエル選手 タイソン・ゲイ選手が小さく見えたのも

  寂しいのですが、ボルト選手100mの限界にチャレンジして

  もらいたいと思います  限界にチャレンジできる選手は

  この世の中には、居ないと思いますがボルト選手

  チャレンジできる人間の一人だと考えられますので見てみたい

  今日100m決勝を見てない人は、録画放送を見て感じて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JOMOカップを見て 

 JリーグオールスターとKリーグオールスターの違い! 

 
 Kリーグの選手をテレビで見れるチャンスがこんな形で
  実現でき感激してます アジアの枠組みを大きくする大会に
  なって行けば良いなと思います。

  Kリーグの選手にしても ヨーロッパの選手にしても考え方が

  同じだと思います 勝つために何をすべきか1点決めるために

  どんな動きをすれば良いのかを理解できてると思いました。

  Kリーグの方がプロの選手が多いと感じましたよ

  Jリーグの選手は、良いプレイを見せようと高いレベルの試合を

  したがってるように見えます 

  ロナウジーニョのエラシコやCロナウドの高速ドリブルは、

  1点取れる武器になるからやってるだけで誰も真似できない

  スペインのようなパス回しもあの最強チームだからできるので

  レベルの高いプレイを見せようとしても無理なんです!

  日本人は、1点取るために考えすぎると思います

  もっと簡単なプレイで良いと思います スペースに走りこんで

  シュートもしくは、パス ドリブルも必要ですがJの選手は

  スタミナが他の国に比べると全くないので無理でしょう

  中田英寿選手が成功したのは、スタミナとボディーバランス

  良かったからだと思います サッカーやるには、どれだけ走れるか

  だと考えます 走れないとサッカーは、始めらないと考えます

  今の日本人だと本田圭佑選手なんか良いと思います。

  勝つために何ができるか 何をやれば良いか 自分の仕事を

  考えてサッカーを考えてみても良い時期にきてるのでは

  ないかと もうレベルも上がってきてるので自分にできる仕事を

  した方が良いと思います。

  1番分かりやすいのは、闘莉王選手のプレイは、ガムシャラですが

  心を魅かれます 大事なのは、負けない心かも知れません。

  あとは、スタミナをつけたほうが世界に近づけるような気がします。
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチロー選手 3000本安打に思うこと

 簡単に語れないキセキの記録です 

  この記録を自分が生きてる間にしかも日本人が達成するのを
  見れたことに日本人として誇りに思います。 


  3000本安打に到達すると言う事の重み 

  まずは、基本的に体が丈夫で自己管理ができてるか
  野球が好きなのか ライバルがいるか プロフェッショナルか
  などいろいろな事が考えられますがプロ野球もメジャーも
  こんなに安打数を伸ばしてくる イチロー選手相手に逃げないで
  勝負してる所に野球もメジャーもプロなんだなと思います。
  
  そして 安打を打ち続けるイチロー選手は、素晴らしいです
  打撃の研究もしてると思いますが1番に自分の感覚を信じてる
  のが、天才バッターと言われてる訳だと考えます。
  
  3000本安打に行くまで 何人の投手対戦してきたのでしょうか
  そして アメリカに渡り年間最多安打を記録したり
  オールスターでランニングホームランなどの記録を残してます。
  もう野球の歴史の教科書ができるくらいの選手ですよね
  まだまだ イチロー選手は、記録を残して行くと思いますが
  今の時点でこれだけのモノを見せてもらってるのだから
  満足なのですが これからも走り続けてもらいたいです。

  感謝と敬意を表して ありがとうと言いたいです!

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »