« 北京オリンピック 陸上100m決勝!  | トップページ | 北京五輪 400mリレー 朝原さんありがとう! »

北京オリンピック 柔道を振り返ってみる


 
全体重別の柔道も終わり思うこと  

  
  柔道を分かってる国と分かってない国があるんだなと感じました

  しかも最近の日本人も柔道を分かってない人が増えてきてるんの

  に驚きました(選手じゃない) 

  組む前の差し手争いは、良いのですが全く組まない

  他国の選手を見ると何をしてるのだろうと思います

  釣り手と引き手も持たずに柔道は、成立しませんよ

  もろて刈り=タックルばかりの柔道ならアマレスの競技に変えれば

  良いのになと考えます。

  体重別では、良い柔道をする選手も居ましたが今の世界の柔道

  では上位に行けないのが現状です。

  日本男子のメダル獲得数が過去最低らしいのですが

  当たり前だと思います もう日本の柔道の形を留めてないですし

  ルールを決めてる人が柔道を分かってない国の人だし

  このままルールが変ってくると歴史も競技も変ってくるのでは

  国際ルールて何なんだと悲しくなってきます!

  日本のアナウンサーや評論家の人たちは、パワーについて

  言ってましたが そんなんじゃないと思います

  日本人選手は、最初から最後まで柔道をして勝たなければ

  いけないのです 差し手争いから組んで投げるこの一連の動作

  をして勝たなければ柔道じゃないと考えてるのです

  日本の選手がもろて刈りをしたら変だと思いませんかね?

  何の為に柔道着を着て柔道をしてるのだろうか考えてください

  そこには、柔道の本当の意味があると思いますので。 


    

|

« 北京オリンピック 陸上100m決勝!  | トップページ | 北京五輪 400mリレー 朝原さんありがとう! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/438511/23051419

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピック 柔道を振り返ってみる:

« 北京オリンピック 陸上100m決勝!  | トップページ | 北京五輪 400mリレー 朝原さんありがとう! »