« 2008年10月 | トップページ | 2009年11月 »

三沢光晴さん ありがとう

 遅れての投稿になりますが

  

  私が、好きなレスラー三沢光晴選手がお亡くなりになりました

  本当に残念です 良いレスラーでもあり 社長でもあり

  大変だったと思います。 

  三沢というレスラーは、何でもできる器用なレスラーでした

  空中技 打撃 投げ技 絞め技 プロレスをやる選手は

  皆、憧れるほどのレスリングスタイルだと思います

  プロレス的に言うと良いタイミングで打撃やスープレックスを繰り出す

  ので、見てるファンに爽快感を与えてくれてました。 

  プロレスは、間の取り合いとタイミングのスポーツだから

  その先に待ってるのがプライドなので、あれだけ殴られて

  よく起き上がれるなと言う人が、居ますがそれがレスラーという

  職業なのです そこには、八百長とか言う言葉は、似合わないのです。

  そのプロレス界の頂点にいたのが、三沢光晴選手です

  プロレスの教科書を作るのなら三沢さんを教材にして良いくらいの

  選手ですから、非常に残念です。 

  引退して三沢さん見たいな選手を育成して欲しかったです

  馬場さんは、鶴田選手を作り 鶴田さんは、三沢選手を育成して

  立派なレスラーの遺伝子が、繋がってたのに本当に残念です。

  しかし、残ったレスラーの中に居ると思います

  三沢イズムを持ったレスラーがいるはずです 

  その選手に未来を託して、ノアをプロレスファンは、見ていきましょう。

  今まで夢のある試合をありがとうございました。

    

  

  

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

k-1MAX 山本優弥選手頑張ったね

頑張ってる分だけ、良い事がある

   

   試合前に弱い弱いと言われても熱くならずに自分のやるべき事を

   練習して試合でも前に前に出ていく根性良いです

   ドラゴもそんなに弱い選手じゃないのに打ち合いに行く所に

   将来性も感じます 普通の選手ならば引きながらの攻撃になると思います

   しかし、一回も引くことなく攻め続けたのが、世界に挑戦できる

   選手の条件だと思います それができてました

   山本選手は、これから楽しみな選手です みんなで応援してあげましょう。 

   

   もう1つ注目の試合がありました 魔娑斗選手の試合です

   魔娑斗選手が圧倒的に勝てると思ってたので、

   全然期待してませんでしたが、気になったことは

   解説の谷川が相変わらず駄目だなと思ったぐらいですね

   魔娑斗選手を普通の選手と同じ解説してどうなのて思いました。

    

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レアルマドリード凄いぞ 移籍選手たち 

  ロナウドとカカが、レアルにやって来たよ

   

    移籍金の額からしても、凄い選手だと思いますが

    本当に世界一のサッカー選手なので、当たり前の金額です

    この二人から生まれる次元の違うサッカーを見てみたい

    これだけの選手を獲得して負けたらとか、考える前に

    今世紀最大級のプレイをレアルから見れるような気がします

    プレイの質が危険な感じがしてなりません。

    フォワードは、どの選手がやるのか分かりませんが

    得点王になれるんじゃないかと思います。

    中村俊輔もスペインリーグに移籍するので、世界が見逃せない

    リーグになると確信しています。

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウインブルドン2009

 フェデラー最強

 女子シングルスは、ウィリアムズ姉妹の決勝でしたが 

 ウィリアムズ姉妹の試合を始めてみました。 

 サービスのスピードが、すごいらしいですが、

 それよりも 1つ1つの技術が素晴らしかったです トータル的に見ても 

 今大会で1番良いテニスをしてましたね 

 姉のセリーナが優勝しましたが、

 ビーナスも準決勝の試合で世界ランク1位に何もさせないテニスで

 勝ってくる辺りも実力者です 

 セリーナは、準決勝のメンティエワ戦での頑張りに感動しました 

 そして、男子シングル決勝ですが・・・・・ 

 言葉にできないほどの死闘でした 

 レベルの高さ 集中力の高さ 肉体的な強さ 世界てスゴイな~と痛感しました 

 フェデラーほどインテリジェンスで紳士的なスポーツマン見たことありません 

 そして強いしテニスの技術が素晴らしいし 

 ボールの高さ 深さを自在に変えれる選手なのかな 

 決勝のロディックも強かったですが、集中力と体力の差で負けたような感じでした 

 紙一重の差だったと思いますね。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年11月 »