« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

貴乃花親方一門離脱について思う事

 改革無しでは、何も始まらない。

   今の大相撲の構成が上手くいってるとは、思えません

   年功序列も良い人間がやるなら、年功序列も良いと思います

   しかし、ここ数年間、八百長問題や麻薬に手をつける力士など

   ひどいものでした、そして、ここ数年外国人力士の多様化で

   日本人力士が激減していきました、外国人を使う事が悪い訳で無いのですが

   どの相撲部屋の親方も外国人頼みになってる所に疑問を持ちます

   確かに今の日本人には、ハングリーな精神が足りませんし

   プロスポーツで活躍できる場所が他にもたくさんあります。

   そんな中で少子化の問題もあるので、子供のうちから人材を育てる運動を

   しないと相撲協会自体無くなってしまうんじゃないかと思います。

   

   昔の日本のイメージと今の日本の現状を理解できた人間じゃないと

   これから先は、未来がないと考えます

   そこで、貴乃花親方が取った行動が昔ながらの行動と違うし

   相撲に信念を持ってる最後の力士だと考えます

   現役時代も強かったし人気もありましたから、この決断は

   今の相撲が危機的状況だと感じ取ったのでしょうね

   水面下では、見えない事も中に居る人間の方が感じ取る事の方が

   貴重な事で財産だと思います。 

   だから貴乃花親方の行動を協会の方たちが、感じ取ることが

   出来なければ、先がないのではと感じます。

貴乃花自選集「氣」 [DVD] DVD 貴乃花自選集「氣」 [DVD]

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2003/06/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

   

   

      

   

   

   

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球とサッカーについて考える

ブログネタ: 野球とサッカー、どちらが好き?参加数

  どちらともに好きです

    野球とサッカーは、日本で根付いてる時間が違います

    サッカーは、世界のサッカーの歴史が凄く日本のサッカーを見る

    前に世界のサッカーが先に行き過ぎてるので、ヨーロッパや南米の

    試合を見てしまいます、日本のサッカーが悪い訳でなくて

    それだけ、サッカーの歴史が違いすぎるだけです

    ただ、サッカーファンの熱に温度差を感じますね

    プレイの質よりも誰がチームと合わないとか悪口が多いですね

    中田の時の日本代表の時は、悪口合戦見たいな感じでした。

    野球は、中田見たいな選手が居ても中田に合わせられる技量が

    あるし歴史があります。

    甲子園でみんな鍛えてるので合わせられるんだと思います。

    イチローが日本代表チームにフィットするのも選手の質が高いのだと

    考えられます サッカーの日本代表は、誰かの為にサポートする精神が

    低いのでどんなに良い選手も活躍できませんよね

    だから、日本のサッカーは、嫌いです良い選手が活躍できない環境で

    勿体無い感じがしますのでね。

    野球は野球で勘違いしてる部分があり、歴史がある分

    先人のルールが古臭くて時代とマッチしてない部分が見られます

    質の高い選手が生まれてくるのですが、球界のルールが昔のままで

    巨人が強くなきゃ駄目みたいな空気があります。

    ですが、これだけ野球が根付いてる国なので巨人以外でも

    良いチーム作れてるんですが、テレビ放送が巨人戦だけだし

    球場も客の入りが少ない、こんなんで大丈夫だと勘違いしてる

    コミッショナーが多いのでは、ないかと考えますよ

    まあ、サッカーも野球もルール自体は、素晴らしいスポーツです

    枠組みを作る人たちが、選手以上にでしゃばらなければね!

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末ダイナマイトを見ての感想

  

  良い対戦カードあり、面白かったですが

    

    年末のテレビ番組は、壮絶でしたね

    ガキの使いスペシャルと紅白と面白い番組が重なってました

    その中で毎年年末恒例の格闘技ダイナマイトがありました

    今年の対戦カードが、 ひき付けられるものがあり

    見るつもりが無かったのですが見てしまいました

    魔娑斗選手の引退試合がメインですし見ない訳に行かなかった

    まず驚きの試合は、K-1甲子園の野杁君のセンスに驚きました

    久しぶりにHIROYA君も面白い試合が出来たんのでは、

    ないのでしょうかね 相手が強いとHIROYA君の強さも分かりますね

    そのあとの戦極vsDREAMの対抗戦もなかなか面白かったです

    KID選手は、どうしたのでしょうかね?

    怪我の影響か私生活の影響かオーラがないですね

    タトゥーもあまりカッコよく無いし駄目な時は、駄目の典型の姿ですね

    カッコイイ選手は、オーラが違います

    魔娑斗選手は、最後までカッコイイオーラをまとってました

    タトゥーなどに頼らず肉体を鍛えまともに格闘技していましたがね

    そして、吉田ー石井戦です

    金メダリスト同士の試合とあって、期待が高い試合でしたが

    良い意味か悪い意味か分かりませんが

    アマチュアイズムが強い試合でした

    吉田選手もプロで試合を何戦もしていますがプロになり切れてない

    要所で攻めては、待ってから戦うスタイル

    スタミナに問題が有るのは、知ってますがこの試合は

    そういう試合と違う戦いが求められてたと思うので

    結果よりもガンガン行って欲しかったです

    そこが、プロの試合を分かってるか分かってないかの所だったと

    思います、田村選手が吉田選手とやった時の試合展開をしたかった

    のか、それとも石井くんが強かったのか分かりませんがね

    追記

    青木君の試合をyoutubuで見ました

    相変わらずボディーバランスの良い選手ですし強いです

    相手の腕が変な角度に曲がってました、何でタップしないのでしょう

    あれだけポジションも関節もキープされてるのになぜでしょうか?

    男だからとか、じゃなく言い訳を作りたかったのでは、無いかと思います

    一流のアスリートなら分かる筈だと考えますが、負けを認めるのも

    選手の糧になるのでタップしなきゃいけません

    この負けた選手の名前は、もう聞く事もないと思います

    勝負の世界、負けを認められない男は、選手じゃないです。

    勝ってる時しか自分を表現できないのなら観る価値がないから

    魔娑斗選手は、負けも有りましたが強かったですし目的意識が高い志

    がある所にスーパースターの地位が有ったんです

    負けても、次は、こんな戦い方をしようとしてましたし

    試合が終われば、選手も称えてました。

    こんな選手じゃなきゃ観る価値がありません。

    だから引退は、残念ですが良い試合でした、もうこんな選手は、

    10年出てこないと思いますが、良い試合をありがとうございました。

    

    

    

    

    

    

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »