« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »

どうでもいいけど、必死で練習したことは何?

ブログネタ: どうでもいいけど、必死で練習したことは何?参加数拍手

練習したことは

綺麗な鼻毛の抜き方とかありましたが、どうでもいいだけで

必死にやってませんので、却下ですね

必死にやって、どうでも良いことを考えるとこれしかない

ボウリングですね 以前ボウリングをどうしても上手くならないと

生活問題になるような事があったんですね

その頃は、ボウリングは、めちゃくちゃ下手くそで

どうボールを投げて良いのかも分からなかったです

歩幅が合わない感覚があって、ボールを投げるタイミングも悪く

最悪でした これは、いかんと思って友達と遊ぶ時やデートのコースに

ボウリングを毎回入れてましたね ある意味必死と言うか

生活が掛かってたので、やらなきゃ行けない感じでやってましたね

どうでも良くて必死にやった経験は、ボウリングしかないです

そのおかげで、少し上手くなりましたが、

今度は、ダーツをどうでも良いのだけど必死に練習してますね

人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (2)

キリンチャレンジカップ2010 日本対セルビア戦

負け癖が付くんじゃねえの?

相変わらずのチームぷりで残念ですね

日本代表は、何時までテストするのかな~

ワールドカップにでる選手を選ぶ為の試合だったのかな?

3年間でチームの動きとか主力選手を決めるのでは

ないかと思うんですが、どこまでチームを作るんですか?

オシムさんが倒れてから、途中で監督交代がありましたが

こんなに長くチーム作りする必要性がわかりません!

シンプルにもうやってないと本番では、使えないと思います!

そんなにテストやっても強くないし面白くないしで

今の日本代表のサッカー今までで、1番面白くないチームです

世界を知りすぎて、怖がってるチームにしか見えません!

戦うチームで無いのでサポーターが怒ってるのだと思います

選手のレベル高いのに怖がってるからね~

はっきり言って怖がってるチームなんて勝てないです!

私の予想は、日本代表のワールドカップでの目標は

1点取る事になると思います

1点取れないと思いますよ 本田次第ですが

本田のフリーキックで1点くらいかな点数が入るのは

テストだから負けて良い試合なんてこの世の中に無いよ

テストだからしょうがないなら、客を呼ぶなテレビで流すな

それならバルサの試合を見せろ!!

サッカーファンが増えるからね 

人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

もうすぐワールドカップですね

Messi2599705

アルゼンチン代表 messi 気になりますね!

歳を取るとワールドカップの時期が早い感じがします!

最近では、グラブワールドカップが毎年あるので

世界のサッカーが身近に感じるんで、早いのかも知れませんが

早いモンです!! 前のドイツ大会のメッシは、若くてこれからでしたが

今回の南アフリカ大会で何をしてくれるのか楽しみにしてます

ポルトガル代表のC・ロナウドも今大会が全盛期の大会になると思うので

スーパープレイが期待できますよね 怪我をしないで大会に来て欲しいです!


日本代表について

日本の予選の相手は、強豪です

勝てる相手居ないと思います それくらい強いと思います

カメルーン、オランダ、デンマーク 名前を聞くだけでも

サッカーの歴史があり、ワールドカップでの勝ち方を知ってる

チームですね 私の感想ですがね~

日本が勝つために必要なのは、日本が団結する事を

作る事です 私の考えだと三浦和良選手を入れる事だと思います

J2ですが、サッカーに対する情熱が日本トップの選手なので

そんな選手を入れる事で、団結すると思うんです

日本代表のサッカーは、カズさんが居た頃のサッカーと違い

上手い選手が多いのだけど、団結力が無いし面白くないです!

そんでもって、岡田監督なので、過去の代表落ちにした監督なので

これで、丸く収まると思うんですよね 日本サッカー界がね!

過去のトラウマが多すぎるんですよ

ドーハの悲劇やカズの代表落ちなどショックが大きい事件が多い

なので、最後のチャンスだと思って出してもらいたいです

まあ、出さないと思いますが、出して欲しい~~

日本サッカーは、嫌いだけどカズは、好きなんですよね!

なぜなら、サッカーに本気なので好きなんです

サッカーが好きだけなら、どこにでも居るんですが

本気な選手は、世界の選手とカズだけなんです!!

本気の選手を今の日本代表で見てみたいです。

人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年6月 »