スポーツ

最近のスポーツ

どうなってるのかな?

東京に居た頃は

K1とか総合格闘技が盛んで
テレビで良くやってたと思います
最近では、テレビでやってるのかなと
思う位に見かけなくなりました

何ででしょうかね?
今の選手を見るとプロのイメージが
無い感じがします!
確かにアマチュアも強いですが
プロの選手は、強いだけでは
駄目な選手なのですね!

その辺りを理解している
オーディエンスが居なかったと
思います だからテレビの世界から
居なくなったと思います

今の時代ならお笑いの方がプロの
意識が高い気がします!
それは、八百長とか関係なくして
プロの試合をしてるかと言う事で
勝負に行く選手が居ないので
面白くない! 勝つ試合だけなら
観なくても良い感じがします!

日本サッカーは、ここ何年でプロの
選手が増えて面白いです!

そう世界を知って
強くなる為に勝負する事が
心を打つのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4位入賞 涙の上村選手に感動

リンク: 4位入賞 涙の上村選手に感動.

 

   お疲れ様でした 良い滑りでした。

     こんなに頑張ってる人にどうしてメダルが無いのでしょうか?

     不思議で仕方ないです! 4回連続オリンピックにでる

     モチベーションは相当な苦労があると思います

     4年に1度だと考えますと16年間で一線で活躍し続ける過酷さ

     考えるだけでもスゴイ事だと思います。

     

     モーグルの競技を始めてみたのも上村愛子さんの滑りでした

     私にとってのモーグルの歴史は、上村さんの歴史と同じで

     モーグル=上村愛子さんです 何で見てしまうのか分かりませんが

     上村さんには、アマチュアなのにプロの意識を持った選手に見えます

     責任感と言うか、応援してる人の為にモーグルの為に

     いろんな責任を背負って戦ってるイメージがします 

     だからこそ応援したくなります こんな選手だからメダルを取って

     もらいたかったのですが、4位で残念でしたが

     どんな選手よりも印象に残りましたし、緊張しました。

     終わってしまったのですが、私もこんなに悔しい思いをするとは

     思っていませんでした。 言葉にならないです。

            

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野球とサッカーについて考える

ブログネタ: 野球とサッカー、どちらが好き?参加数

  どちらともに好きです

    野球とサッカーは、日本で根付いてる時間が違います

    サッカーは、世界のサッカーの歴史が凄く日本のサッカーを見る

    前に世界のサッカーが先に行き過ぎてるので、ヨーロッパや南米の

    試合を見てしまいます、日本のサッカーが悪い訳でなくて

    それだけ、サッカーの歴史が違いすぎるだけです

    ただ、サッカーファンの熱に温度差を感じますね

    プレイの質よりも誰がチームと合わないとか悪口が多いですね

    中田の時の日本代表の時は、悪口合戦見たいな感じでした。

    野球は、中田見たいな選手が居ても中田に合わせられる技量が

    あるし歴史があります。

    甲子園でみんな鍛えてるので合わせられるんだと思います。

    イチローが日本代表チームにフィットするのも選手の質が高いのだと

    考えられます サッカーの日本代表は、誰かの為にサポートする精神が

    低いのでどんなに良い選手も活躍できませんよね

    だから、日本のサッカーは、嫌いです良い選手が活躍できない環境で

    勿体無い感じがしますのでね。

    野球は野球で勘違いしてる部分があり、歴史がある分

    先人のルールが古臭くて時代とマッチしてない部分が見られます

    質の高い選手が生まれてくるのですが、球界のルールが昔のままで

    巨人が強くなきゃ駄目みたいな空気があります。

    ですが、これだけ野球が根付いてる国なので巨人以外でも

    良いチーム作れてるんですが、テレビ放送が巨人戦だけだし

    球場も客の入りが少ない、こんなんで大丈夫だと勘違いしてる

    コミッショナーが多いのでは、ないかと考えますよ

    まあ、サッカーも野球もルール自体は、素晴らしいスポーツです

    枠組みを作る人たちが、選手以上にでしゃばらなければね!

    

    

    

    

    

    

    

    

    

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内藤対亀田戦を見て

率直な感想は、良い試合でした。

失礼ながらチャンピオンの内藤選手の試合を亀田兄弟以外の試合で

見たことが無かったです

国民的な人気のあるボクサーなのですが、強さよりも人間性が先に行ってて、

試合の面白さよりも頑張ってる姿がさまになるボクサーな感じでした

一方 亀田興毅は、元世界チャンピオンで強さには、揺るがない自信がある

ボクサーな感じでした。

こんな真逆な選手同士で試合になるのかなと思ってましたが、

意外に良い試合になりました

ただ勝つ試合をお互いにしていないから、良い試合になったんだと考えます。

亀田興毅選手も二年間で、背負う物が出来たからチャンピオンとしての器が

できたのだと思います

これから、対世界の試合を見れるので、面白くなってくると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラチャン2009 男子

植田JAPAN、強くなりましたね! ヨーロッパ王者にフルセットでの勝利は、本物の強さと言っても言いと思います!

何年ぶりに男子バレーを まともに見ましたが、あきらかに攻め方が増えていて面白かったです。

セッターも頭を使って上げてるし、データバレーにも対応してるので、メダル取れるんじゃないのかなと感じさせます

越川が居なかったのが気になりますが、今のチームでも充実してるから、問題無いのですがね

このまま勝ち続けて欲しいです。

| | コメント (0)

世界に挑む若者たち

今年のスポーツ界は、超新星たちのレベルアップの年だった思います。

私が思う世界と戦えるアスリートは

体操の内村航平選手

フィギュアの浅田真央選手

ゴルフの石川遼君です

この三人は、異常にポテンシャルが高い選手にも関わらず、子供の時からやってる所に親の見る目の高さが伺えます

亀田三兄弟も本当は、凄い選手だと思います。
しかし人間の育て方が、上の三人と違うと思います

上の三人は、
自分に厳しく他人に優しい選手だから 見てるこっちも応援したくなります

どの世界でも同じですがスポーツは、競う選手達が居て初めて面白いですし、強くなれると考えます

だから 内村 浅田 石川選手は、世界で戦える選手だと言えます。

| | コメント (0)

k-1MAX 山本優弥選手頑張ったね

頑張ってる分だけ、良い事がある

   

   試合前に弱い弱いと言われても熱くならずに自分のやるべき事を

   練習して試合でも前に前に出ていく根性良いです

   ドラゴもそんなに弱い選手じゃないのに打ち合いに行く所に

   将来性も感じます 普通の選手ならば引きながらの攻撃になると思います

   しかし、一回も引くことなく攻め続けたのが、世界に挑戦できる

   選手の条件だと思います それができてました

   山本選手は、これから楽しみな選手です みんなで応援してあげましょう。 

   

   もう1つ注目の試合がありました 魔娑斗選手の試合です

   魔娑斗選手が圧倒的に勝てると思ってたので、

   全然期待してませんでしたが、気になったことは

   解説の谷川が相変わらず駄目だなと思ったぐらいですね

   魔娑斗選手を普通の選手と同じ解説してどうなのて思いました。

    

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウインブルドン2009

 フェデラー最強

 女子シングルスは、ウィリアムズ姉妹の決勝でしたが 

 ウィリアムズ姉妹の試合を始めてみました。 

 サービスのスピードが、すごいらしいですが、

 それよりも 1つ1つの技術が素晴らしかったです トータル的に見ても 

 今大会で1番良いテニスをしてましたね 

 姉のセリーナが優勝しましたが、

 ビーナスも準決勝の試合で世界ランク1位に何もさせないテニスで

 勝ってくる辺りも実力者です 

 セリーナは、準決勝のメンティエワ戦での頑張りに感動しました 

 そして、男子シングル決勝ですが・・・・・ 

 言葉にできないほどの死闘でした 

 レベルの高さ 集中力の高さ 肉体的な強さ 世界てスゴイな~と痛感しました 

 フェデラーほどインテリジェンスで紳士的なスポーツマン見たことありません 

 そして強いしテニスの技術が素晴らしいし 

 ボールの高さ 深さを自在に変えれる選手なのかな 

 決勝のロディックも強かったですが、集中力と体力の差で負けたような感じでした 

 紙一重の差だったと思いますね。    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

k-1ワールドMAX2008 スーパースター現る!

 
感動したぞ 魔娑斗
  

  
  プロ野球 サッカーなどでは、スーパースターが居ます 

  イチローや中村俊輔などなど 人を魅了する力を持つ選手です

  しかし今回のK-1 ワールドMAX2008での魔娑斗選手の試合は

  規格外の試合でした こんな試合を今まで見たことがない! 

  リアル版あしたのジョーを見てるような気持ちになりました。


HEROが存在する試合が完成   

 
  
  
K-1MAXでのトーナメントルールは、準決勝 決勝の2試合を

  勝ち抜けば優勝です 1日2試合やるだけでも大変なのに

  世界のトップの選手と対決しなくては、ならないのは

  想像では、考えられないくらい過酷です。

  そんなトーナメントの中でドラマを作り出せる男は 間違いなく

  スーパースターです 今回の魔娑斗選手の試合は

  壮絶な試合の中で見せた 精神力の凄さがドラマを生みました

  何の為に戦ってるのだろうか お金の為 名誉の為 

  いろいろありますが、魔娑斗選手の今回の試合は、ファンの為に

  
戦ってたように見えました ダウンしても諦めず打ち合いにいき

  最後まで諦めない試合 こんな試合は、ファンの為の試合にしか

  思えません ボロボロになりながらも前に前に身を削る試合

  日本人の他の選手には、真似できないと思います。 

  綺麗なプレイ 技術力の高いプレイとは、異なる見せ方

  
それは、この試合の魔娑斗選手の試合の身を削る思いを

  しても戦い続ける姿だったと考えます 彼は、間違えなく

  スーパースターです 自分の為じゃなく ファンの為に勝つ

  しかも優勝してしまう こんな良い大会は、普通見れない

  HEROがリアルに勝てる試合を始めて見れた感じがあります

  
しかも相手に勝負して勝てる選手は、そうそういない!

  ファンに感動の試合をありがとうと言いたいです。

  K-1MAX2008トーナメント 優勝 魔娑斗 おめでとう!





        

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京五輪 400mリレー 朝原さんありがとう!

日本短距離に価値のある銅メダルです  

 
 

  
  予選でアメリカなどのバトンミスで失格するチームがありましたが

  こんな奇跡が起こるのも日ごろの努力の結果だと思います

  朝原選手は、4大会連続のオリンピックで世界の厳しさを

  知り尽くしてる選手だと思います

  だだ技術の向上だけで勝てる場所でもなく

  気持ちだけでも勝てる場所でもありません。

  それでも諦めることなく努力をした人には、奇跡が起こるのだと

  感じます あきらかに朝原選手は、努力の人です

  アジアで短距離は、無理と言う時代から走り続けて少しづつ

  短距離も日本でメジャーになってあとは、結果が欲しいだけでした

  今回のリレーで扉を開くことができました

  この大会を見てくれた次の世代の子供たちが感動してくれたなら

  このリレーのメダルも金メダルに近い価値のある銅メダルに

  なると感じます。

  奇跡とは、努力の証なので、簡単なことでは、起こりません!



| | コメント (0) | トラックバック (0)